国際ロータリー
ロータリージャパン

会長挨拶

murase2

2018~2019年度
音更ロータリークラブ会長 村瀬 正明

 

2018~2019年度の音更ロータリークラブの会長を仰せつかりましたが、責任の重さを痛感しております。会員の皆様のご協力を頂きながら、一年間頑張りたいと思います。

今年度、RIバリー・ラシン会長が掲げるテーマは、インスピレーションになろうです。インスピレーションとは、ひらめきや思い付きという意味です。私たちが今日直面する課題に勇気と希望、創造性を持って正面から立ち向かっていく意欲を、クラブ・地域社会・組織全体から引き出すためのインスピレーションであると考えます。

第2500地区の細川ガバナーは「行動するロータリー・つながるロータリー・ロータリーの未来を考えよう」と地区目標を掲げています。地域社会や世界の人々、自分自身のみならず多くの人に貢献し推進していきます。

今年度、当クラブも、先輩方が作ったロータリーの歴史、ロータリーへの想いをしっかりと継承し、時代に応じた変化に対応して、クラブの成長、そしてクラブの奉仕活動を通じて、魁夷にゃ地域の人たちと連携を高め、より良い音更ロータリークラブにしていきたいと思います。

そのためにも、親睦を通して明るく楽しいロータリーを作りましょう。

皆様のご協力を宜しくお願いいたします。

 

会長方針

(1)退会防止と会員増強

※クラブ活性化。親睦を深め楽しい例会 今年度増強目標9名

(2)公共イメージと認知度の向上

※「世界を変える行動人」ポジティブにロータリーを伝える